日本カジノ合法化

無料で遊べるオンラインカジノはいかがですか?↓↓↓


◆オンラインカジノ体験・レビューはこちら

マカオ人材育成 ディーラーは人気?

ラスベガスを抜くマカオカジノの人材育成とは?
今後、日本がベンチマークしていく良い都市では
ないでしょうか。

 

年間、3000万人近くの観光客が訪れるマカオは
ゲームング大国の証でもあります。
2002年にゲーミングライセンスの対外開放を行い
アメリカやオーストラリアといった外資が続々と
参入を続けております。

 

複数の巨大カジノリゾートの建築プロジェクトが
進められていますし、
マカオの大黒柱的存在であるカジノの売上は
日本円で約3兆円にも上ります。

 

しかし、人材確保については難を示している
労働人口の15%前後がカジノに従事するマカオですが
これでもまだ足りない状況です。

 

マカオの平均賃金はカジノ効果もありここ10年で
2倍になったと言われております。
マカオのカジノはマカオ市民しかディーラーになれない
ため中卒からディーラーへ応募する事が出来たのです。
この学歴で、高収入を得られるのですから
ディーラーを目指す若者が急増したのも言うまでも
ありません。

 

後に、社会問題となり18歳から21歳へディーラー登録
年齢が引き上げられました。

 

バブル入社inマカオ

日本にはバブル入社という言葉がありますが
マカオにおいても同じような事が起きているかも
しれません。

 

 

マカオの学生はより高いく給与が得られる
マーケティング等の幹部候補生を目指す
学生が多いですが、
ディーラー職は年齢制限がないため別の業界
からの転職組みが多いようです。
サラリーマンよりも、ディーラーをした方が給料
を貰えるため人材流出という新たな社会問題
も生じています。

 

 

マカオの労働事情はまさに売り手市場
高い給与、昇給、福利厚生を押し出し
採用活動を行っています。
日本のバブル期を彷彿させる振る舞いです。

 

 

給与の高い企業も勿論ですが、昇格のチャンス
が多い企業というのも人気のようです。
昇格した資格は、次のゲームング企業でも
アピールできるためです。

 

 

各企業は人材の流出を防ぐために、あの手この手で
作戦を考えておりますが、やはり一番大きい効果は
高額なインセンティブでしょう。
やはり、インセンティブを支払うことのできない小規模
商店は人材を確保出来ずに閉店を余儀なくされる
所も少なくありません。

 

⇒カジノ 人材の教育について見てみましょう

マカオ人材育成 ディーラーは人気記事一覧

マカオ大学コマーシャル・ゲーミング研究所

マカオ大学カジノ研究所はゲーミング業界の研究と発展を目的とし2003年に設立されました。研究所ではゲーミング研究に従事する学者と学生の向け、国際基準の環境を提供しています。2014年2月には新キャンパスが設立され世界中から優秀な人材を誘致しています。カジノ研究所では何をするのでしょうか?カジノ研究所...

≫続きを読む

 

マカオ理工学院ゲーミング・ティーチング&リサーチセンター

もともと、ディーラー育成をメインとして設立された機関マカオ政府の元、2009年に総合ゲーミング教育・研究機関とすべく改編をしております。マカオ政府がディーラー養成学校を総合ゲーミング教育、研究センターとして格上げした目的はマカオのカジノ人材需要が拡大していることを受けており地元マカオ人が管理職へ採用...

≫続きを読む

 

賭け麻雀