日本カジノ合法化

無料で遊べるオンラインカジノはいかがですか?↓↓↓


◆オンラインカジノ体験・レビューはこちら

参入規制

厳格な審査

カジノに参入する上で一番のキモになるのが
この「参入規制」です。
基準を満たす企業や個人、間接的に関わる
ものがカジノに参入で出来る法律があるのです。

 

まずカジノと言うと、良いイメージを持つ
日本人は多くはないでしょう。
それほどまでに、この日本では賭博という
行為に対し、怖がっているという印象を
受けます。
ヤクザ映画の印象でしょうか。
たまに流れるニュースの印象でしょうか。
そこには、ビジネスにおける魅力というものが
無いようにも感じます。

 

しかし、今現在 オリンピックの追い風もあり
この日本でカジノをスタートさせる動きを
見せているのも確かです。
顧客を楽しませ、活気あふれる場を提供し
その見返りを企業が受ける
そして、更に良い環境を作り出しカジノに
遊びにくる顧客を常に満足させるような
健全な場を提供する事が期待されます。

 

闇カジノと呼ばれるものがあるように
胴元が有利な場を提供する事は
本来のサービスからはかけ離れています。
如何に健全で如何に公平であるかを
審査し、厳格な免許制にする事が
規制を構える目的なのです。

 

では、審査の基準は何なのか?
例えば、犯罪歴や暴力団構成員などの
過去があれば、カジノ業に従事するのに
好ましくないと判断されるでしょう。
また、社会的地位や財務的な健全さも
判断基準となるでしょう。

 

過去の行動や、その姿勢から少しでも
リスクがあると判断された場合は
カジノ参入の道が閉ざされるのです。
しかし、厳しくすればするほど、健全な場を
提供する事が出来る事には間違いありません。

 

そして、厳しい審査を通った企業・個人は
ライセンスを取得します。
企業の場合、親会社や株主も審査の対象
となります。
もちろん、そこで働くディーラーやキャッシャーも
同じです。
更には、場の道具を提供する仕入先も
含まれます。
しかし、どれだけ健全な企業であろうとも
大企業であれば、数万人規模の社員数となるります。
悪のリスクはゼロではない中で、どのような
仕組みをとるのかは楽しみです。

 

もし、違法行為とみなされれば免許剥奪となり
廃業を余儀なくされる可能性もあります。
資産の動き、不正な金銭の授受など、ありとあらゆる
角度から性差の手が入るのです。

 

今現在、日本にある公営賭博(パチンコ等)の
参入規制とは訳が違うのです。
「基本誰にでも出来る」ではなく
そこには、「厳格な審査」が日本のカジノの行く末を
決める事になります。

 

 

 

△元のページに戻る

賭け麻雀