日本カジノ合法化

無料で遊べるオンラインカジノはいかがですか?↓↓↓


◆オンラインカジノ体験・レビューはこちら

カジノ事業をはじめる理由

そもそもこのIR事業を実現するさせカジノを
日本でスタートさせる目的は何なのでしょうか。

 

今でも、これからも、カジノには社会的な負の
リスクがあり日本国民においては、どちらかというと
ギャンブル反対とする人の方が多いのではないでしょうか。
しかし、カジノの協力な集客力とそこからもたらす収益は
日本財政に大きな期待を寄せられている。

 

IRの建設は、現在お台場や東京ビックサイトなどの
大都市園での検討が始まっており、国際型の
観光拠点となる事は間違いないでしょう。
そうなれば、国内のみならず海外からの集客も
期待されます。
海外のセレブ達がどんどん日本にカジノマネーを
換金しにきてくれるのです。

 

さらにIR収益のメカニズムにおいて重要なのが
施設の魅力です。
そこには、日本が誇るエンターテイメント、サービス、
アトラクション等の技術の高さが期待されています。

 

最終的にカジノで集中的に収益化するとしても
そこに集まる人々の目的は個々に違ってくるはずです。
なので、カジノ以外の所でも力をつける事は必要です。
カジノで収益を生み出し、更に施設を強化する。
この勝ち組の連鎖が出来れば、産業、日本の
活性化に繋がるはずです。

 

⇒日本各地の地方IR構想はこちら

カジノ事業をはじめる理由・・・アジアのカジノ市場

カジノの魅力は、富裕層が遊んでくれるとこに
あると思います。
パチンコにお金を使う富裕層がどれだけいるでしょうか。
1日中台の前に座って、出し続けたとしても○十万の
世界です。
一方カジノはというと、1回のテーブルゲームで
億が動く事もあるのです。

 

現在、アジアのカジノ市場はマカオが群を抜いています。
カジノ施設は、約35施設と多くはないのですが
約4兆円の売上規模です。
これは、900以上の施設を持つアメリカを勝る
売上規模です。
続いて、シンガポールやフィリピンが続きますが
米国市場が飽和状態である一方、アジア圏は
経済成長が進んでおり、カジノにおいても
高成長を持続する見込みです。

 

もし、日本がカジノ参入をした場合約2兆円の
売上規模が見込まれると予想されています、
さらに、マカオを除けば本格的なIRは存在しておらず
アジア各国が日本のIR動向に注目しています。

 

 

賭け麻雀