日本カジノ合法化

無料で遊べるオンラインカジノはいかがですか?↓↓↓


◆オンラインカジノ体験・レビューはこちら

カジノ 何それ?・・・法律からマフィアまで

カジノ合法,法案,オリンピック,日本
カジノとは??
賭博であり
娯楽でもあり
サービスであり
ビジネスでもあります。

胴元として賭け事の場を提供し、お客様に賭博という
娯楽を提供します。

 

しかし、これらは今の日本では犯罪であり
賭博法185条?187条の刑法により逮捕
されてしまいます。
トランプを引いたり、ルーレートを回したり
しているだけなのですが金銭を賭ける行為が
犯罪となってしまうのです。

 

皆お金が欲しいのです。
賭博は、一夜にして巨万の富を得ることも出来ます。
この高い収益を求め、多くの客が訪れるのです。
しかし、金銭を賭けるとやり方は常にイカさまや
不正行為が出る可能性があります。
事実、過去にはそのような事例がいくつもあります。
ゲームの不公平差が泥濘(ぬかるみ)になれば誰も
寄り付きません。
安心性があって初めてゲームが成り立つのです。

 

なのに、巨額の現金が目の前にあると、顧客や
ディーラーがだまし取ったり、遊具を偽造する
可能性もありあす。更に更に、胴元が脱税を
したり金銭を賄賂に使ったりとこのような事が
富裕層達の間で頻繁に起こっていたのです。

 

これでは庶民化するなんてことは困難な状況です。
社会的な反発や懸念は高まる一方で反対運動も
起こりうる状況です。

 

上手に事業ができれば、新たな財源を生み出す
有効な事業であるには違いないです。
ただ、社会から認められる事が難しいのです。
不正や悪が出はいりするカジノは必ずしも一般的
ではなく出てきていないだけです。

 

19世紀、カジノは限られてた国や地域でしか
存在しませんでした。
地域限定的に発展させていき、その後地中海の
カジノが富裕層の人気を呼んだ時代です。
一般人を顧客にすりょうになったのは第二次世界
大戦以降です。当初カジノは家族経営で周りからは
変な家族に見られていたに違いありません。

 

銀行からも借りれずカジノを発展していくには
限界がありました。
そこでひらめいたのです。
「ってかイカサマして儲ければ良くない!!」
そうです。イカサマから得た収益を基にリゾート施設を建設し
その資金源を次の悪いことに使う事にしたのです。

 

カジノの収益を犯罪に回そうとしたのがマフィアでした。
顧客に対しては、公平さを貫き人気のある
エンターテイメントを充実させ顧客に娯楽の場を
提供したのです。すばらしい。。
しかし裏では、脱税や賄賂、汚職など犯罪という
間の手繰り返し
これが、社会に根付いてしまったのです。

 

さすがにマズイと感じたアメリカ政府はカジノ施設
から徹底的にこのような犯罪を根絶する働きをしました。
その結果カジノを公衆に対し安全な形で提供できるように
なったのです。
そして、段階的に様々な国々でカジノが楽しまれる
ようになりました。
このアメリカ政府が実践した、組織悪を排除する
仕組みや枠組みがのちにカジノ法
という制度になったのです。

 

⇒カジノ法はご存知ですか?

賭け麻雀